2018年1月11日の活動

県庁。
産業労働部調整幹。
議会事務局。原発再稼働の意見書抗議活動について。
こども安全課 副課長。管理職で、いつも言われるのは空論・抽象論(何も前に進まない

)。埼玉県の子供の命がかかっているのに。守りたいものは、何か?
企業立地課。HONDAなど県内『既存』企業存続の為に、私から予算がかからない提案

具体化したら、また伝えます。
こども安全課。NPOとの具体的な連携模索について。
(労働組合)建設埼玉(さいたま新都心)。
労働組合役員さんから、フードバンクの台湾の取り組み状況を教えて頂く。日本に比べ
て格段に『寄付“金”』が集まっているとの事。今後更に伺っていきます。
市議と意見交換。
県社会保険労務士会。所沢支部の方々からお話を伺いました。
県生活協同組合連合会(浦和)。

 

-------

 

【核兵器禁止条約】の事で、この方をTVで見た事がある方がいらっしゃると思います(マイクでちょっと隠れてますが(^^;)。
 県原爆被害者協議会長 田中煕巳さん。
「条約は異例のスピードで提出され、122か国が賛成。早く発効される事を望み、署名活動を行っている。発効されれば、核兵器を使いづらい影響を与える。
 被爆国が賛成しなくて残念。
 Icanがノーベル平和賞を受賞するとは思わなかった」。
私からは『国民健康保険・児童虐待対策』の県の問題点について、来場の皆さんに話させて頂きました。

 

 

埼玉新聞 11日

-------

ICAN事務局長、原爆資料館を見学=集会で講演も-長崎
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011300167&g=soc労組役員さんと意見交換。
医療生協さんと会合。お金が無くて払えない患者について聞き、赤ちゃんポストの話をさ
せて頂きました。今後、具体的に動きます。
新聞社の方と会合。
(終電で帰宅)