《埼玉県庁職員6万586人 1人1人の皆さんへのお願い》

 私のHPを県庁職員のうち少なくとも30人は、毎日見て下さっていると伺っており、ありがとうございます。
 コロナ禍経済は、『過去60年間で最大の不況・雇用危機』であり、今回、生涯年収(年金含む)の高い・雇用が定年まで保証されている 県庁職員の方に、お願いがあります。
①『日中の自粛』まで県庁として呼びかけています(かと言って全家庭が買い物はしている)ので、飲食店の【テイクアウト】を応援して頂ければと思います。来年度、税金での経済対策で出来る事が、限られている事は、私より、県庁職員のほうが予算編成しているのでご存知で、私より、危機感があると思います。危機感は具体的行動が伴わねば、単に情報です。
②困窮者対策は、職員個人でも出来ます。
 私は皆さんご存知の通り、『児童虐待対策』をライフワークとして地域活動しており、事務所をフードバンクの集積拠点にもしております。例えばですが、ご自身が友人・近所に呼びかけ、フードバンク拠点にその方の分も持って行ったり、ご自身のSNSで呼び掛けたり、自宅をフードバンクの集積拠点とする事は可能です(旗を立てなくても、口コミでも)。県民はボランティアでそれらをやっています(県庁人事課などは県職員のボランティア活動を推奨しています)。
 毎日報道されている事は、私たちが住んでいる街でも起きていると、実感しています。
 県庁職員1人の個人の動きで、救える気持ち・助けられる県民がおります。
 固定給ではない県民は”今”が1番大変です。『一般論』の時間を“最大限”減らし、1人でも助けられるようにしませんか? 楽しみにしております。よろしくお願い申し上げます。m(__)m
(県職員には、警察12,860人・教育37,803人・県立病院2,387人もいます)

 埼玉県議会議員 中川ひろしオフィシャルサイト

(2021年2月3日)

『ひろし新聞162号』

『ひろし新聞162号』年末年始・発熱などの診察を発行しました。

 

『ひろし新聞161号』

『ひろし新聞161号』埼玉県コロナ医療対策 発熱外来を行う県内病院を公表を発行しました。

 

『ひろし新聞160号』

『ひろし新聞160号』県議会議員 年収 過去5年連続 増額を発行しました。

 

【無料の塾】『狭山よつば塾』

狭山よつば塾とは…「自分を好きな自分になる」をモットーに、将来子どもたちが自分の手で幸せをつかめるようにという想いから、令和元年5月に設立した狭山市の新しい無料塾です。
(↑狭山よつば塾・HPより転載)

動画出典元:狭山ケーブルTV

映像では、実際の様子や、講師からの話が。
日曜午後、富士見公民館で実施中。

詳しくは、こちら⬇をご覧下さい。
狭山よつば塾』ホームページ。ツイッターはこちらから。

国の数少ない助成金(持続化給付金)

 

国の数少ない助成金(給付金)
 まず、地域の相談窓口がどこになるのか、決まっていません。関係者に複数回確認していますが、県内全ての市町村に、相談窓口は設置されない模様。また申請開始は、来月下旬になってしまうのではないかと思われます。明日も、県庁に確認しようと思いますが、分かり次第お伝えします。
 チラシに書かれている国の相談電話は、私も何度か☎電話しましたが、先方の電話が鳴る事すらなく、つながりません。
 他の省庁の職員の応援とか、されていないのでしょうね。困るのは、国民。GW、他の省庁の職員は、お休みですか?

 

(2020年4月29日の活動より転載)

【埼玉県『休業補償』具体的表明❗】 お待たせしました m(_ _)m

 コロナウイルスの影響で経営が悪化した県内の中小企業などに『最大30万円』を支給する方向で調整しているとの事。支援金の対象となるのは、コロナウイルス感染拡大防止の為、【4月8日から来月6日までの間に7割以上休業している中小企業に20万円、複数の事業所を有する場合は30万円】を支給する方針。

 

(2020年4月17日の活動より転載)

県コロナ『中小企業 融資』の内容

 

【県コロナ『融資』の内容】
 お店や中小事業所からの相談が私の所にも、たて続けに頂いています。既に『安くない金利』でお金を借りた方もいて、情報が伝わっていない申し訳なさを感じています。
 県の融資では【利率0.5%】。「以内」と書いてありますが、ほとんど0.5。申請から早くて1週間、大体は2~3週間かかる。申請件数は3月末までに1700件との事。
 こちらに県庁 担当課の電話番号が書いてありますが、休日は相談に応じていないとの事で、次に紹介致します。こちらの融資制度を利用された方など、情報がありましたら、教えて下さい。

 

 

【県コロナ『融資』休日相談☎】
 お店や中小事業所からの相談は、大抵「どうしていいのか」「どの融資を検討出来るのか分からない」という感じで、とても不安です。
 県庁HPを見ても、融資制度のページに たどり着くのは県民の方は簡単ではないので、担当管理職に「SNSで紹介しては?」と言いましたが、「検討してみます」との事だったので、私からUPします。
 コロナウイルスに関する経営相談窓口
  📞0120-973-248 (通話料無料)
   9~12時、13~17時
   (埼玉県庁の外郭団体です)

実際のページ

埼玉県よろず支援拠点では「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を開設し、土日も対応しています- 埼玉県よろず支援拠点(公益財団法人埼玉県産業振興公社)オフィシャルサイト

 

(2020年4月17日の活動より転載)

埼玉県議会【消費税0%】にする事を、政府に求める議案が今日、可決❗❗

 

埼玉県議会【消費税0%】にする事を、政府に求める議案が今日、可決❗❗(📷写真⬇の『1』をご覧下さい。コロナウィルス対策)
 提案者は、『自民』会派❗❗
 これぞ、県民の代理たる地方議会❗国政政党の下部組織ではない。明日(土)、マスコミにどこまで取り上げられるか❗❓
 国政を動かして行きましょう☺(私は、政党代表に連絡しました)。

 

(2020年3月27日の活動より転載)

コロナ【生活費】に困っている方😰への融資

 

『コロナウイルスの影響で休業・失業』 【家のお金】に困っている方😰への融資
 これまで紹介したどの制度よりも、(こちらは融資ですが)お金の受け取りが、申請から3日くらいと明らかで、早いので、紹介します。チラシがネットを見ても無いので、県庁に見本をもらいました。
 2つの融資(貸付)制度があって、返済期間が異なります。「返済期間内で、返済が厳しい場合、ゆう予もある」と、江原県議(深谷市、寄居・美里町)からの質問で分かりました。
 『これ以外にも』融資制度があり、明日お伝え出来ればと思っております。
 相談・手続きは、市の社会福祉協議会へお願いします(狭山市駅西口徒歩7分 2954-0294。平日昼間)。
 県庁主催で行っている相談会(前述)で、この資料を配布してもらえる事に、私から頼んでなりました(この件の説明は会場では難しいと思われるので、電話を)。この融資の担当は、相談会の担当とは別の課で、県庁内の、『コロナ総合対策』の縦割りのパイプの1本にもなろうと思います😊。SNSでの発信も頼みました。

申請は、明日(水)から始まります。既存の融資もあります。

緊急小口資金等の特例貸付の実施についてー埼玉県公式ホームページ

アクセスー狭山市社会福祉協議会

 

 

🎥映像をご覧下さい
 コロナウイルスの影響で経営が悪化し、従業員の雇用の維持に悩む県内のお店・会社を対象とした個別相談会に参加した方の🎤コメントもあります。
 相談会は、社会保険労務士3人と埼玉労働局の職員が、雇用調整助成金の申請手続きや、在宅で仕事をするテレワークの導入方法などについてアドバイス。県庁によると「コロナウイルスの影響が出始めた当時は、外国人観光客の減少で観光・運送業などから従業員の雇用の維持に関する相談が多かった。しかし最近では、中国から部品が輸入できず、作業が進まない製造業からも同じような相談が増え始め、コロナウイルスの影響を受ける業界が広がっている」との事。
 個別相談会は、川越(26日)とさいたま新都心(27日)で開かれます(10~5時)。

企業の雇用維持に向け個別相談会/埼玉県(テレ玉)ーYahoo!ニュース

 

(2020年3月24日の活動より転載)