2015年6月24日の活動

市民相談。
事務所。
県営繕課。公共事業の賃金アンケート。
心臓移植の募金活動を、夜7時~11時まで狭山市駅で。
市民相談。

――――――――

写真の日本地図で青い点は【米軍基地が撤退した所】(TBS NEWS23 6月23日)。

0624_01

 「日本国内の米軍基地は1950年代、9割が日本本土にあったが、米軍兵士の事件・事故が相次いだ為、安倍総理の祖父の岸首相が米国にかけ合い、本土の米軍基地面積は1/4に減り、沖縄の基地は2倍に増え、1970年代、沖縄3:1本土になった。沖縄全体が昔から、今で言う辺野古の扱いをされて来た(テレ朝、報道ステーション6月23日より)」。

0624_02

 沖縄復帰(1972年)後の米軍兵士による凶悪犯罪は571件。


【『島唄』は、沖縄戦の歌】
 作詞・作曲の宮沢和史さん「でいごの花が多く咲いた年は、嵐が多いという言い伝えがある。
 沖縄戦が始まった1945年は、でいごが多く咲いてしまったから、ものすごい数のアメリカ艦隊が嵐のように上陸して来たんじゃないか。この島に永遠に夕なぎが訪れる事を祈る」

0624_03
0624_04

0624_05

0624_06

 (日テレNEWS ZERO 6月23日より)。

沖縄戦の事を歌った『島唄』の歌詞の意味
 1フレーズごと全てに解説されているので、ぜひお読み下さい。

今年、沖縄戦没者追悼式で高校生が言いました「今は平和でしょうか」。