2020年4月20日の活動

 

救急患者のたらい回し】はコロナ以前からの課題でした。しかしコロナウィルスで、入院患者や、受付の医療事務も含めた病院関係者が感染した場合、病院の経営も大きく傾き、廃業­に追い込まれる可能性さえあるので、コロナの可能性を否定出来ない外来患者の受診を、どうすれば推進出来るか以前­から医療関係者に相談しています。
 例えば、従業員が感染した事に伴い、県が事業所名­を公表した事業者に人件費の一部を補­助してはどうか?この取り組みが病院も想定した主旨で補助金制度を創­設されたのかは存じませんが、何らかの手を一刻も早く打たないとと考えており、ご意見をお願い致します。

新型コロナウイルス感染症緊急経営支援-長野県

 

-------

手話通訳
 明日(火)、埼玉県知事の『定例記者会見』があるのですが、県庁はまだ手話通訳を手配していない模様(定例だから、前もって予定している事なのに)。
 明日の次の知事の記者会見は、30日に県議会で審議する『コロナウイルス対策』予算の概要を説明する重要なものになるはずだが、その知事会見が24日なのに、それもまだ手話通訳を手配していない模様
 会見の際、知事のわりと近くに手話通訳がいて下されば、とりあえずまずは、いいのでは!?
 聴覚障がいの県民の方々が、情報が欲しくてテレビをわざわざご覧になって、感じる虚しさ・寂しさは、どれ程か!? (TT)

 

-------

県庁は、陽性者679人のうち、370人が自宅待機となっていると発表(20日)。県議会で求めているホテルの確保が1棟だけで、一向に進まないのはなぜ!?
 (5月6日までに900室の確保を目指すとしているが)
 ホテルの確保が進まないから「自宅療養の基準を明確化へ」となってるのでは?

軽症・無症状の感染者 自宅療養へ 基準明確化へ/埼玉県-Yahoo!ニュース

 

-------

今日、 先週の『雇用調整助成金 相談会』ポスターに次いで、狭山市内 全4駅に、経済的に苦しい家庭・個人事業主の方への 【無利子融資】の案内ポスターを貼りました。
 このようなご時世ですので、ご相談については『電話』になっております。
 相談・申請が多数寄せられている 市 社会福祉協議会の職員もガンバって、事務処理は夜遅くまでかかっているようです。県でお手伝いが具体的に出来るよう、明日動きます。
 ポスターは具体的内容が分かるよう、今回2枚分にしました。1人で悩み苦しんでいる方に、目に届く所で具体的にお示ししたい。

 

 

のぼりホーム
 稲荷山公園駅

 

 

入曽駅
 階段上通路

 

 

狭山市駅
 上りホーム

 

 

新狭山駅
 改札脇

 

 

経済的に苦しい家庭・個人事業主の方への 【無利子融資】
 2つの制度があって、1つは1回20万円以内。もう1つは1月20万円以内をまずは7月くらいまで。
 申請書類は以下のHPに。
 ご不明点・相談は、お電話で。土日も現在対応中。
 市 社会福祉協議会 04-2956-7665

お知らせ―社会福祉法人 狭山市社会福祉協議会

 

 

コロナウイルス 労働者困窮対策
 県庁は事業主への『助成金 相談会』は今月末までに6回行っており、来月も行いますが、労働者相談の電話窓口を明確にしておらず、私は相談窓口の民間委託が必要だと考え、(労働組合)連合埼玉の役員さんや、民間の相談機関の専門家の方に相談しています。
 連合埼玉へは、深刻な相談が寄せられており(記事にその一部が紹介)、連合埼玉は、知事とも懇談しているのですが、まだ県庁は検討を始めていません(本日確認し、検討を依頼)。
 (記事は、埼玉新聞。20日)

 

-------

狭山市の安斎医院さんが
「13日に診療した患者にPCR陽性者がおられ、保健所からは病院の診療継続は可能と言われましたが、患者の安全を第一に考え、26日まで診療を『自主規制』。再診の処方は対応できますが、初診・処置・検査・予防接種は実施できません」との事です。
 このように病院は最大限の注意を払い、何かあれば情報をお伝えしています。《様々な病気と闘っている病院への応援を