2015年12月30日の活動

  

沖縄からの学童疎開の小学生780人が亡くなった対馬丸1230_01親御さんのつらさたるや尋常ではないでしょう。

対馬丸記念館

沖縄県民を乗せた船は26隻、沈められた。1230_02

2015年12月29日の活動

  

普天間 米軍基地と隣接する住宅街1229_01

オスプレイ。人がいるので、大きさが分かる1229_02

保存されている沖縄戦の砲撃の跡1229_03

 

(以上の写真は、いずれも嘉数高台にて。普天間のニュース映像はいつもここで撮影されている)

1229_04沖縄県 副知事と。
副知事・宜野湾市民の方から、辺野古新基地について話を聞きました。

宜野湾市長選挙事務所には知事の旗、新基地阻止の旗が。1229_05

1229_06宜野湾市長選挙は1月下旬だが、新人(写真手前)現職市長(右)の宣伝カーが回っていた。

 

辺野古へ1229_07

沖縄戦当時、「私は火炎放射器で全身大やけどを負い、死んだ人の血の泥水を飲んで生きながられた…」1229_09

1229_10

「安倍首相が言う「我が国」に沖縄は入っていますか?」1229_11

1229_12島袋さんは、辺野古問題で、よくTVで報道される

米軍キャンプ・シュワブ入口前の辺野古新基地反対テント1229_13米軍基地内からの音楽が鳴り響いていた(写真左側のフェンスからも米軍基地)

テントにいた方が「お茶を飲んでいきませんか?」と声をかけて下さり、お話を伺いました。

1229_14

1229_08辺野古新基地予定地に掲げられた赤ちゃんのよだれかけ
『NO BASE 新基地反対』

辺野古の海には、海上保安庁の巡視船が反対運動を監視している。1229_15

 海岸にある移設に反対しているテントで、住民の方のお話を伺いました。
 埼玉に住んでいた方もいて、驚きました。

2015年12月28日の活動

  

沖縄・南風原(はえばる)にある人口の洞窟。まさに野戦病院。1228_01

 ボランティアガイドの方がざっくばらんに説明しながら、壕の中を案内して下さる。案内時間は20分。
 お近くに行かれる方は、ぜひご覧下さい。私は前日の予約になってしまいましたが、見せて頂けました。

 

壕の近くに建てられた憲法9条の碑1228_03

見学案内(沖縄陸軍病院 南風原壕群20号)

近くにある資料館(南風原文化センター)

 

沖縄戦当時、何人もの沖縄県民がこの絶壁から身を投げた。ギーザバンタ。1228_02

2015年12月26日の活動

  

事務所。
ケーブルTVアナウンサーと意見交換。 
【新年番組】を収録。

2015年12月25日の活動

  

来年1月末で閉店し、温泉になる西武秩父駅前の仲見世通り1225_01

1225_02

県議会観光議員連盟。

1225_03

 国の天然記念物に指定された『古秩父湾』について、県自然の博物館(長瀞)にて、3人の地質学者の方からお話を伺いました。

古秩父湾が天然記念物指定された先月の報道1225_04東京新聞

秩父は約1500~1700万年前、海だった。『古秩父湾』1225_05

埼玉県は1600万年前、今の静岡県ぐらいの所にあった。1225_06

1225_07

1225_08

1225_09(赤い点が秩父)フィリピンプレートが北米プレートに衝突する事により、奥秩父山地は変形

 

 埼玉県の秩父盆地の地下には、約1,700万年前に誕生し約1,500万年前に姿を消した「古秩父湾」の地層が累積5kmの厚さで堆積し、湾の形成から終焉まで約200万年間の盛衰が記録されている。この地層は川沿いなどに露出し、近代以降、地質学上の著名な観察場所として重要な役割を果たして来た。
  現在の日本列島の原型は、今から約2,000万年前から1,500万年前にかけて形成されたとされており、秩父盆地に分布する古秩父湾の地層と化石群は、日本列島形成当時の日本近海で起こった地殻変動や生物群集及び古環境の変遷を示すもの。
 これらの地層の露出状況及び化石標本の産出状態が良好であり、学術上貴重であるとして、『国の天然記念物』に指定するよう答申が行われた。
<国の文化審議会は、昨年11月、本県に所在する6つの露頭(地層の露出した崖)と県立自然の博物館所蔵の9件の化石標本を天然記念物に指定するよう、文部科学大臣に答申。この結果、今年3月頃、国による指定の官報告示が行われる見込み。複数の露頭と化石群の複合指定は日本初>

 (1)古秩父湾の誕生
  約1,700万年前、秩父盆地付近は東に開いた「古秩父湾」を形成していた。 「前原の不整合」(皆野町)、「犬木の不整合」(小鹿野町)では、秩父の山々を形作っている古生代 ・中生代の古い地層の上に、新生代の古秩父湾の地層が堆積しはじめた証拠を観察する事が出来る。
  この時代の地層から、パレオパラドキシア皆野標本・三山標本などが産出しており、 誕生間もない古秩父湾に多くの海棲ほ乳類が進出した事を示している。
(2)深い海の時代
  約1,600万年前、関東山地全域の沈降に伴い、古秩父湾は深海の時代を迎える。
 「取方の大露頭」(秩父市)は、この時代の地層を観察できる高さ約50m、幅約800m に及ぶ大露頭。砂岩と泥岩が交互に重なった地層は、浅海域から深海域に土砂が供給されて堆積した事を示している。
(3)多くの生物を育んだ浅い海の時代
 約1,550万年前、古秩父湾は再び浅海となり、多くの海棲ほ乳類が繁栄する。この時代の地層からは、数多くの重要化石が産出している。

宮沢賢治が埼玉・秩父に来て、来年で100年!1225_10宮沢賢治が埼玉で詠んだ短歌の碑が小鹿野・寄居にある


「さはやかに半月かかる薄明の秩父の峡のかへり道かな」 小鹿野町ようばけ

「つくづくと粋なもやうの博多帯荒川きしの片岩のいろ」 寄居町

「毛虫焼くまひるの火立つこれやこの秩父寄居のましろきそらに」


当時の宮沢賢治(右上)1225_11

 「ようばけ」(小鹿野町)は、この時代の地層を観察できる高さ約100m、幅約400m の大露頭。大正5年、盛岡高等農林学校2年の【宮沢賢治】が地質巡検で訪れ、来年で100年になる。
 「大野原パレオパラドキシア化石産地」(秩父市)は、昭和47年に発見され 昭和50・52年に発掘されたパレオパラドキシア大野原標本の産出地で、秩父の化石産地を象徴する露頭。

埼玉・秩父路に刻まれた宮沢賢治の足跡 20歳で地質調査に訪れる 産経新聞

(4)古秩父湾の終えん
 約1,500万年前、東側の隆起が進んで湾が閉ざされ、古秩父湾は終焉を迎える。「新田(あらた)橋のれき岩露頭」(横瀬町)では、周辺の陸域から供給された角がとがったれきを含む地層を観察する事ができる。

 


「秩父・日野断層と若御子断層洞を見る」1225_12写真、若御子遊歩道案内図


1225_13
日野断層を遊歩道から見た景観は絶壁。

1225_14日野断層・若御子断層洞の構造図

2500万年前の秩父の想像図1225_15(上の2枚の図は、地学のガイド新版埼玉県’97.2.20初版第2刷より)

埼玉県内は、秩父の山以外は海だった1225_16

県指定天然記念物 若御子断層洞及び断層群
 断層洞の一帯には、無数の断層がほぼ東西方向に走っている、このような断層の集まりを断層群と言い、ここを「日野断層群」という。
 若御子断層洞は約2500万年前に堆積した秩父盆地の地層と約1億5000万年前頃の奥秩父山地の秩父層群との境界をなす日野断層に生まれたもの。

県自然の博物館(秩父鉄道 上長瀞駅から徒歩5分)

他会派県議と意見交換。
元県議と会合。

2015年12月24日の活動

  

同級生と意見交換。
事務所。
支援者と意見交換。

――――――――

【毎年、高校生が勉強について行けず、退学して行っています】
 県立高校の入試問題が難しければ模擬試験も難しくなり、授業についていけない生徒は何度も模擬試験を受けているうちに「どうせ出来ない」と中学の段階で勉強などをあきらめてしまう。そして、中退。
 今回の入試問題の変更は、不充分。中退した子がどうなっていくのか、教育にたずさわる責任意識が欠けている。以下の資料は、県議会で自民・公明と、私ども『改革の会』の賛成で22日に可決された決議。

1224_01

 県立高校入試問題の変更について、県教育委員会の会議では議論が不充分だという発言があった。私ども会派でも検討が不充分だと考え県議会で質問したが、教育長は改めようとしない。“一度公務員の中で決めたら、後から何(予想外な事)を言われようと変更しない”状態を許すわけにはいかない。入試問題の変更は、以前より良くなったからこれでOKではしょうがない(今度いつ見直すのかも決まっていない)。中退者は以前より減るというのは言い訳にならない。自殺者もそうだが『毎年新たに発生している』のだ。我々の仕事は、中退者を減らす極限までの努力。


記事は埼玉新聞12月23日
1224_02

 

私ども会派で昨日(木)の新聞に出した意見広告
1224_03

 教育長になぜ考えを改めないのか直接聞いたら「反対の人もいる」と言う。しかし、教育長・担当課長は、反対者に説明しようとしない。反対意見が県教職員組合から出ても、反論もしない。私は県教職員組合の役員にも会って、説明した。教育委員長にも会う予定だ。
 意見広告は、県議会の中だけで終わらせていては市民には分からず、ダメなものはダメなので、やれる事は何でもやる。お役人は、のど元過ぎれば熱さを忘れると思って出した。(つづく)

2015年12月23日の活動

  

1223_01毎年恒例のサンタに

子供会のクリスマス会が終わっても、追いかけっこして遊びました。

支援者訪問。
市議候補後援会。

2015年12月22日の活動

  

市民相談。
中学校長。
県議会。
会派会議。断続的に。
他会派県議と意見交換。
改革推進課。
人事課。
建築安全課。
環境部長。
知事と意見交換。

1222_01上田知事と会派控室前で(右には『草加せんべい』の旗も)

 

【特定政党の支持者の意見だから反対】という議員の声を何度も聞いた事があります。
 政党の議員にそれを聞くと「そうではない」と言われます。しかし、その溝は空いたまま。結果として、定期的に出て来る県民からの意見(請願)は、いつも否決されています。「この案を賛成したのは○○党の議員だけ」そのアリバイを残す為という声もあります。そこで、動きました。県民の方から頂いたご意見の文章で、【下記 素案】全ての項目に賛成ではないから反対せざるを得ないけど、【実際に提出された文】この項目だけだったら、気持ちをくんで賛成したい。そう申し上げたら文章を変更して下さり、私が所属する会派の議員は『紹介議員』にも名を連ね、今日(火)県議会で採決が行われます。

 この事に限らず、他の全ての会派の議員や、他の議員の支持者の方とも更に連携して、きめ細かく実現して行きたい。全ての議員の目的は1つなのだから。

下記 素案
1221_01


実際に提出された文
1221_02

 

【『県立高校入試の変更』対案を出しても改めようとしない県教委】
 今回の変更で、難しい試験問題を選ぶのは浦和高校などわずか10~15校。それではもう1つの試験問題も、偏差値の高い高校に合わせざるを得なくなる。では具体的にこうしてはどうかと、私ども会派から対案を県教委に提出している。それでも改めない。(2月5日に続く)

2015年12月21日の活動

  

県庁。

【これで数千人が救われる】
 医者にかかるのに欠かせない国民健康保険は低所得の方が多い事から、土地資産を持っている方には資産からも課税させて頂いていますが、県庁が考えを間違え資産からの課税をやめる事を奨励し、いくつかの市町村で結果として低所得者に増税になってしまっていました。私が県議会で3年前から2回質問し、今年からは会派としても取り組み、松坂県議も質問してくれました。それによって、やっと県の方針が9月に変更になり、県内各市町村に説明文書が送られる事になりました。金が無く保険料さえ払えなければ病院にかかれません。結果として、病気が進行、死を早めてしまいます。これで数百人が少なくとも救われます。会派メンバーに感謝。(つづく)

【国民健康保険、県の方針変更を説明】

1221_03

1221_04

 

 国民健康保険の県内市町村の団体である県国保協議会の会長をはじめ、狭山・鶴ヶ島・ふじみ野・志木・春日部市、毛呂山町など各市町村の会長さんが控え室にお見えになったので、私どもから説明させて頂きました。

1221_05

 翌年2月に県の国民健康保険の担当課に聞いたところ、この通知で「“資産割”を元に戻す」と言って来た市町村があるそうです。今後も注視して行きます。

水環境課長。
狭山市役所。
夜中まで原稿作成。

――――――――

【埼玉県庁の必要性】 私に突き付けられている大きなテーマ
 県議会の特別委員会で、3年前に質問した事がどうなったのか、18日に質問した。質問する内容も会って伝え、原稿も渡した。しかし、委員会での課長の答弁は「手元に資料が無い」だった。委員会の翌日聞いてみると、検討していなかった事を隠したかった事が分かった(課長はそれを認めないが)。3年前にその課にいた職員は全員異動し、前任の課長に確認しても検討していなかった。このままにしていては、県民から「しょせん役人」「しょせん県議なんて何やってるか分からない」と言われても、反論しづらい。このような事は、他の議員の質問でも起きているし、今後も起こる。私が3年前に質問した内容が、埼玉県にとってどうでもいいテーマだったら仕方ないが、様々な取り組みの中で県庁では4番目に重要と言っても言い過ぎではない『川の再生』。まして、【東京オリンピック】に向けて、東京湾をきれいにしようと国・都も言っている中で、これだ。もしも検討していれば、埼玉県が東京湾水質改善の事務局を担当する年であったし、東京都に先んじて、埼玉県から提案出来ていた。

2012年12月19日の活動|埼玉県議会議員「中川ひろし」オフィシャルサイト
お台場の海 水質改善へ 五輪トライアスロン会場「大腸菌が多いことある」 スポニチーSponichi Annex五輪 
2013年9月27日
舛添要一 「東京湾でトライアスロンとか大腸菌だらけで汚いんじゃないのか。対策をどうするのか」 2014年7月31日

 都知事のこの発言は、2年前。東京湾に流れ込む水の7割は、埼玉など3県から流入しており、都知事は「東京都はほぼ完璧に対策を取る。上流の県もきちんとやって頂きたい」と求めているが、埼玉の担当の課はこの3年間、具体的に提案はおろか、検討もしていない。

 上田知事が体を張っていても、1万人の県職員に徹底させるのには、仕組みの変更と、知事以外からの指摘が必要だ。私達の会派が提出している『県改革提言』では、『職員の生産性の民間比較』や人事異動改革などを求めているが、ここまでヒドいとは思わず、今日から違った形で改革を求めていく。

目で見る東京湾の水環境
千葉県 みんなで東京湾をきれいにする行動計画
千葉県 東京湾をきれいにする活動事例

2015年12月20日の活動

  

『参議院選挙を地方から考える』自治体議員立憲ネットワーク(四ツ谷)。
 沖縄県議 仲村 未央氏「1月に宜野湾市長選挙がある。その途端、国は“ディズニーランド”の話を出して来た。選挙を、税金という金によって利用している。辺野古の問題が沖縄に無くても、『自治の根本、選挙の根本』が、問われている。これほど国民の皆さんが応援して下さって、本当に有り難い。これからもよろしくお願い致します」。
 シールズ 諏訪原健氏「安倍政治の本質は、辺野古にあり、反対意見をシールズでも言っていかないといけない」
 小林節氏(慶大名誉教授)「政権交代が起きれば、族議員が消え、官僚の主流派・反主流派がひっくり返る」。

1220_01

安保法案に対する違憲訴訟について
 伊藤真氏(弁護士)「政治的な事に関して、裁判所は消極的で、国民にボールを投げ返してしまうという大きな課題があるのは、百も承知。裁判所は国民の声を気にしている。明日、全国の弁護士と記者会見する。参議院選挙に向けての配慮も必要。政権交代によって、司法を機能させる。参院選に集中を」。
 自治体議員立憲ネットは、ピースウィングと連携している。

1220_02

――――――――

 

主婦会館、榎そのさん『おしゃもじ時評』原画展より(以下)

 原発事故の7年前に書かれた風刺画。警鐘を鳴らしていた人はいたのだ。
1220_03

 

1220_04

高級品に税金をかけていた物品税が廃止され、消費税が導入1220_05格差の拡大は、消費税導入(1989・平成元年)から始まったのかも知れない

1220_06

群馬県議、川場村議に個人的に聞く。道の駅。放射能被害について。
中央区議と意見交換。
大河原まさこさんの会合に参加。
イギリス生活経験のある北区議会議員にスポーツ文化について聞き、子供の貧困問題について意見交換させてもらいました。
 日本のスポーツは、経験者かどうかを分けてしまう。社会人になってから始めると、経験者でないとキツい。
 ハンガリーの小学校では、縄跳びでなく、自分の好きなスポーツをしていい。共産圏からの解放ではないかと思う。
 組体操では、ヘルメットをしなければやってはいけないし、そう出来ないならやめるべき。
 能力を遥かに超えた事をやらされるのは、虐待。


駅のすぐ前に出来た駐輪場。ドイツではあたり前なのだけど。(西武新宿駅)1220_07
ドイツでは放置自転車対策ではなく車よりも自転車の利用を便利にしており、
駅前ロータリーよりも駅の前に駐輪場がある。

2015年12月19日の活動

  

市民団体役員さんと意見交換。

いよいよ今日(土)『捨てられた猫の写真展』1日限り!
 私は現場で見てしまった責任がある。処分されるのではないかと、ずっと震えていた犬達をこの目で見てしまい、どうする事も出来なかった責任が。
 これも「愛は身近な所へ」。

1219_01

 会場に行って、ボランティアの方からお話を伺い、私の持っている動物保護の本を会場に置いてもらいました。

【生態系保護協会埼玉、海外研修報告会】
会長「ドイツから日本に“『持続可能な発展』が中国・韓国より遅れている”との指摘があった」。

 EUの2割くらいの土地が野鳥保護区。
 秩父市より1まわり大きいドイツのオスターホルス郡が保護区。湿地帯にカフェ、レストランがあり、雇用も生まれている。湿地の土地を行政からタダ同然でNGOが借り、農家に貸し出し年間300万円の収益を得ている。経済効果は3億3千万円。
 英国、ロンドンから15kmの貯水池の所を湿地に戻す。一部住宅地として売った収益で整備。有料のビジターセンターで運営費を確保。1回2100円で年間23万人来場。カワウソの餌付け。企業・個人からの寄付を掲示。住宅は、湿地側の面にはバルコニー設置を規制。

米国イリノイ州ケーン郡。シカゴから車で1時間。
 『グリーン・インフラ(森・湿地など)』と『グレー・インフラ(ダム・堤防などコンクリート)』。
 住宅地の整備。通路はアスファルトではなく、砕石。住宅の区画を小さく、戸数も減らし、緑地を増やし、静かに落ちついたデザインに(高く売れる)。交差点の歩道にも緑地。住宅地の整備費は安くなる。フォックス川には、ステージがあり、経済効果も。

中国。日本の国土の8割分がこの10年で林に。1999年からの退耕還林プロジェクト。
(報告会は、写真撮影がNGだったので、分かりづらくてごめんなさい)

夜は、労働組合、建設埼玉西埼玉。
(0時過ぎに帰宅)

2015年12月18日の活動

  

県議会。自然再生特別委員会。

<私から質疑>
中川委員
1 川の国応援団に県庁職員が何人参加しているのか?
2 川の国応援団の中には、草刈りの燃料代さえ自腹を切って取り組んでいる団体がある。今年度の予算でも、軍手は出せないとか、ビニール袋は団体で用意しろという話が出るまで予算が削減されていると聞いている。県土整備事務所の委託料の節約につながっているにも関わらず、なぜきめ細かな目配りが出来ていないのか、川の国応援団を応援しているようには見えないが、どうなっているのか?
3 2020年東京オリンピック、パラリンピックが開催されるにあたり、東京湾をきれいにする為に県として川の浄化の目標はあるのか?
  また、平成24年度の自然再生・循環社会対策特別委員会において、東京湾の水質改善を目的として羽田空港を使ったPRを検討するとの答弁があった。その後の対応はいかがか?
4 水辺再生100プランを整備する中で、県内市町村のうち、いくつの首長に直接会って、水辺活用の依頼をしたのか?
5 滋賀県の琵琶湖に職員を派遣させれば勉強になると思うが、職員を派遣しているのか?
6 嘉田元滋賀県知事を訪問した際、琵琶湖の水を飲めと言われた。埼玉県は川や水辺と生活していない。川の水は上流のどこまで飲めるのか?
7 県のホームページや「川の国埼玉」の資料には、川の中に入って子供や大人が楽しんでいるような絵が目立っていない。観光面においても川は使えるはずだが、ホームページや資料を見てもらえるように工夫しているのか?

水環境課長
1 川の国応援団の登録にあたって、会員の名簿や職業は頂いていない。県職員の参加者数は不明である。
3 2020年を目標とした具体的な数値は無い。今後、新環境基本計画を検討するにあたり、目標設定が可能かも含めて検討したい。羽田空港を使ったPRは実施していないが、九都県市で作る東京湾再生推進会議などからなる東京湾再生官民連携フォーラムが、横浜赤レンガ倉庫において東京湾大感謝祭を開催し、PRしている。
5 滋賀県に職員は派遣していない。視察については、今後、検討したい。
6 川の水が飲めるかどうかは環境部で判断するのは難しい。飲水可能な川の水についてのデータは無い。
7 ホームページは興味が持って頂けるよう改善したい。

水辺再生課長
 埼玉県の河川管理者として行っている草刈りに関しては、河川管理施設の点検など安全面への配慮から行っている。一方で、水辺空間の利活用していく上での管理面については、地域の方が利用している事を踏まえて、美化活動に期待している。
4 地元市町村長に何人会ったかについては、手元に資料が無いのでお答え出来ないが、全てに会っている訳ではないと思われる。
  今後、新たな取り組みを考える中で、必要性も含めて検討していく。
7 水遊びについて当課では、毎年夏に彩の国だよりで特集を組んでいるところである。今後、ホームページでも取り入れるように検討していく。

中川委員
1 川の国応援団の活動終了後に、県職員かどうか、確認できるのではないか?
2 羽田空港を使ったPR活動の検討状況はいかがか?また、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みが次期5か年計画策定以降では遅いのではないか?

水環境課長
1 川の国応援団への参加の有無を確認する事は、場合によっては、県職員に対して参加を強制する事になる。
2 羽田空港における検討状況については後で報告する。(なお、質問する内容は事前に伝えている)
 現在、次期環境基本計画の策定を始めている事から、同計画に2020年の目標を盛り込んで行きたい。

中川委員
 水辺再生について、具体的な提案を首長にしているか?

水辺再生課長
 具体的な提案は市町村長に対してはしていないが、現在、とことん活用を推進する為、説明会や相談を行っている。その中で具体的な提案もしている。

<意見・提言>
中川委員
1 川の国応援団について、県職員の参加状況の把握に努めていく事。
2 川の国応援団美化活動団体は、備品などが不足している為、十分な活動が出来ていない。県はソフト部分に弱いという事を自覚し、円滑な事業推進に努めていく事。

他会派県議と意見交換。
総務部調整幹。
会派会議。
他会派代表クラスと会合。
企画財政部調整幹。

――――――――

いよいよ今夜(金)。
 私は先ほど、虐待され保護された子供達への支援(学校教育・里親など)をどうするか、担当の副課長と意見交換しました。子供達は待てないので、着実に早く前に進めて行きます。

1218_01

 

  【フードバンク所沢】立ち上げシンポジウム、始まりました。
 県職員にも声かけし、1人参加(所沢にある地域振興センターNPO担当)。県民の方々43人。狭山市自治会長1人。狭山市社協3人、狭山市議2人。所沢市議3人。元衆議院議員1人。入間市議1人。県議2人。

1218_02

 

トップページ|フードバンクところざわ

 

【マザー・テレサ】が来日した時に話したこと。
 来日したのは1981年で、あれから34年経っているが、マザーが言われた「愛は身近な所へ」は、官僚・地方公務員や、国民の何人・企業の何社が行うようになったか
 マザー・テレサの忘れられない言葉がある。
 『与えて下さい。あなたの心が痛むほどに』。
 行政職員・政治家はどれだけ、『心を動かして』いるだろうか。

1218_03

――――――――

「中学生が夜1人、スーパーで弁当を買っていて、何気なく声をかけたところ『勉強の仕方が分からない』と言われた事から、私の家で学習支援をはじめ、ご飯も提供した。その子は、家族でご飯を食べる事に驚いていた。
 私が子供の頃は、夕方になるとお店は閉まって、家でなければご飯にありつけなかった。しかし、今はコンビニもある」。(NPO豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)
 何か現在の便利な状況がマイナスのようにも感じました。

NPO法人豊島WAKUWAKUネットワーク

 「カエルは、おたまじゃくしの時いっぱいおせっかいされて、カエルになる」子供食堂を利用している子供の発案で、この団体のイメージイラストが出来ている。
 よその家で、冷蔵庫を開けたりして「好きな物食べていいよ」と言われる驚き。
 親戚の家でもない家。地域で出来る子供の体験は、無数にある。子供活動ネットワークを1月に立ち上げた。

1218_04

日本の食品ロスは、年間640万トン。世界では、8人に1人は食事にあり付けない。
 日本では子供の数は減っているのに、貧困な子供の数が増えている(2006年14.2%→2012年16.3%)のは、ヤバい。我々は自分達で自分の首を絞めている。この問題に関心のある人がここに来ているので、今日は1人も関心が増えていない。「資本主義社会だから、格差が生まれるのはしょうがない」と分かってくれない人に何と言うか?デンマークの貧困率5%。英国はここ数年で貧困率を6割下げた。デンマークや英国は社会主義国ではない。
 15才の子供の貧困を何とかしないと、少なくとも2兆9千億円の損失。これを0~18才までにすると180兆円くらいになる。東京オリンピックの経済効果は3兆円。一方、15才の子供は毎年発生する。『下流老人』が話題になったが、高齢者世帯の資産は分からないので、子供の貧困の状況は深刻。
 『子供の未来創造基金』って聞いた事ない方?(9割の人が挙手)。安倍総理が国を挙げて呼びかけて集まっているのは300万円。
(湯浅 誠氏講演)

2015年12月17日の活動

  

県庁。
県議と意見交換。

――――――――

 小宮山泰子 衆議院議員の会合の後、労働組合 建設埼玉 吉田会長と2人で会ったら「下請け・賃金の問題を、ゼネコン大手に交渉をすると、実態は7次下請けまであるのに、『下請けは、2次下請けまでしか無い』と言い張られる。2次下請けまでは、賃金を優遇しているから」との事。
 ゼネコン・2次下請けは、直接仕事をしているのか。中抜きの問題は、どうなっているのか。これも、大きな格差。県や市で『公契約』を何とかしなければと、改めて思いました。

1217_01

2015年12月16日の活動

  

県議会。県土都市整備委員会。

<私から質問>
●県営住宅
中川委員
① 随意指定は好ましくなく賛成しづらい。公社が民間より有利であるなら指定管理者を 公募して、そこで勝てばよい。特定公共賃貸住宅の指定管理者も公募に出来るのではないか?
●低所得者の為ではない県営住宅=特定公共賃貸住宅
② 特定公共賃貸住宅の入居率は、近県と比較するとどうなっているか?
③ 他県の特定公共賃貸住宅の設置状況、廃止の状況及び時期を説明して頂きたい。
④ 特定公共賃貸住宅を廃止して県営住宅にする場合、民業を圧迫しないよう県営住宅の 戸数を増やすことなく廃止していく考えはあるのか?

住宅課長
① 特定公共賃貸住宅の指定管理について、制度上公募は可能である。
② 特定公共賃貸住宅は、関東甲信越で4都県が設置しており、入居率は東京都が86.4%、千葉県で63.5%、山梨県で94.3%、埼玉県では67.7%である。
 なお、山梨県は平成26年度に特定公共賃貸住宅の空き住戸を県営住宅に準じた住宅に転用している為、入居率が高くなっている。
③ 特定公共住宅は27都府県で設置されており、11府県でいずれも空き住戸等を廃止し、県営住宅に準じた住宅に転用している。一番早く廃止した県の廃止時期は平成17年度である。
④ 県営住宅の整備戸数は建てかえにより確保していくが、特定公共賃貸住宅を県営住宅に転用した場合には、その戸数も県営住宅の整備戸数に含めていく。

中川委員
●県営公園を活かす
① 県営公園は県庁の最大の顔であると考えるが、公園で県の施策をPRしないのか?
② 県として公園全体の運営や遊具の設置については計画していないのか?
③ 金がなくても出来る事はあると考える。例えば、公園で園芸業者によるガーデニン グの展示会を開いてもらう代わりに公園の維持管理をしてもらうといったことは指定管 理者制度上で出来ないのか?
④ ロードサポーターなど市民参画の事例があるが、指定管理者制度の中で市民が公園の 管理をする事が出来るのか?

公園スタジアム課長
① 現在のところ、指定管理者が管理する公園では県の広報をお願いしていない。県直営の大宮公園では、野球大会の際に交通安全や薬物乱用防止について広報している。今後、指定管理者が管理する公園においても県の施策を広報していきたい。
② 運営計画については、指定管理者に任せている部分が多い。県営公園には特色のある様々な公園があるので、県も積極的に参画し、公園の特色を生かして賑わいを創出していきたい。なお、遊具の設置については計画していない。
③ ガーデニングなどについて市民に協力してもらう事は制度上可能である。県としても今後、指定管理者と協議していきたい。
④ 市民に管理をお願いすることは可能であるので、県や指定管理者が市民団体等と話し合いの場を持つようにしていきたい。

中川委員
 以前、狭山稲荷山公園では自衛隊機を展示し、物づくりの街である事が演出されていた。県、指定管理者、市の間で地域特性を生かすような取り決めがされているのか?

公園スタジアム課長
 地域特性を生かしていくのは大事な事である。例えば、羽生水郷公園では、ムジナモの保存会と指定管理者が協力して講習会を実施するなど地域特性を生かした取り組みをしている。県と指定管理者の契約には書かれていないが、県としても運営に関して積極的に参画し、今後地域特性を生かした取り組みをしていきたい。

●地震での死者を減らす住宅内シェルター
中川委員
 建物の耐震化は、費用を確保するのが難しい低所得者・高齢者にとっては困難である。耐震改修促進計画にはシェルターの記載が無いようだが、シェルターの設置に向けた支援を考えているのか?

建築安全課長
  耐震シェルターについては、県内13の市町で補助制度を整備している。県では、市町の補助制度を記載した耐震改修促進のチラシを市町村に配布し、自治会等で回覧するよう働き掛けている。

学童保育連絡協議会会長さんはじめ6人の役員さんと会合。学童保育室の基準についてご指摘を頂く。
 国が職員配置基準を定め、埼玉県は、知事は下げないと言ったのに、下がっている。
 国の位置づけで学童は、児童福祉施設になっていない。児童福祉法7条で児童福祉事業になっている。年収が高い人でも400万円に届かない。
 学校内にある学童があるのは6割。(以上、学童保育)

朝鮮学園(大宮)学校長が県議会控室にお見えになり、ざっくばらんに話しました。
 私から申し上げた事「①拉致の署名活動を、朝鮮学校の先生や保護者のどなたかが、我々と一緒にやって頂く事をご検討頂けないでしょうか?『救う会埼玉』ではそれを嫌う人は誰もいません。②私が高校生や若い人などに観てもらう事を薦めている演劇『MOTHER』の中で出て来る、特攻隊員として戦死した朝鮮人タク・ギョンヒル(日本名、光山文博)さんなど、日本は申し訳ない事をした。このDVD(写真)を出来たら見て頂きたい。知覧飛行場からの朝鮮人の特攻隊員は11人③たとえば横田めぐみさんのお父さんは、近年足がたどたどしく、時間が無いと感じる。拉致解決の為に、安倍さんは北朝鮮に行くべき。松原仁さんが拉致担当大臣の時『北朝鮮に行って頂けないでしょうか?』と私は直接話した。④国と国とが関係悪化しても地方外交は続けるべき。きれい事だけで敵対していては、お互いの為にならない」という話をしたところ「拉致は許せない。拉致問題が発覚した時、一番ショックだったのは、朝鮮学校の子供達だと思う。それまで『拉致は無い』と言われて来たので。教材アニメ『めぐみ』のビデオを学校で見せている」などおっしゃっていました。なお、このページでの北朝鮮・朝鮮学校の批判は勘弁して頂き、2つの国の前向きなコメントをお願いします。お会いした後、早速『救う会埼玉』代表に電話で話しました。

1216_01

アニメ「めぐみ」-政府インターネットテレビ

【噴水台】卓庚鉉

 

1216_02
 『横田めぐみ』さんについての演劇。私はめぐみさんのお父さんと一緒に観ました。滋さんと話したら「お母さん(早紀江)は観られない」とおっしゃっていました。私が見ていてつらかったのですから、そうですよね。
 演劇は来年1月に川口で公演され、公募で入場無料。申し込みは20日までとの事。拉致被害者の田口八重子さん、藤田進さんは、川口市出身。

 申し込みは、メール・FAX・往復はがきで。定員800人。

1216_03

 横田滋さんは83才。横田早紀江さんもあと2カ月で80才になる。横田さんだけが被害者家族ではなく、既に亡くなられた方が何人もいる。
 拉致被害者自身だって、日本と同じように北朝鮮で長生き出来るとは思いにくい。国会議員・官僚は、拉致被害者対策について、何もやっていないと言われても仕方が無い。
 今までと違った出来る事は、あるはずだ。1人の議員・官僚でも。

救う会埼玉「若い世代に関心を」 小中高生向けDVD製作 産経ニュース12月17日

2015年12月15日の活動

  

労働組合、建設埼玉役員さんと意見交換。
県庁。
住宅課。
公園スタジアム課副課長。平成6年に、緑の基本計画を各市町村が作成。
下水道管理課副課長。
環境部調整幹。
観光課。

2015年12月14日の活動

  

県議会。一般質問。
今日は、県議会で政争があった。誰の何が間違っているとかは書きたいと思わない。
 市議会から県議会に来て、こういう時に「ああ国会の感覚ってこんなで、それに近いんだな」と思った。両者の反論のコメントが記事になり、それを見た市民の中には「何を下らない事をやっているのか。だから政治には期待出来ない」となる人も出て来る。
 テロも同じだ。お互いが「相手がバカだ」と言って、敵対心を強めて行く。それで救われる国民はいるのか。
 両者が前向きになる議論が出来るように、していきたい。

生活協同組合連合会役員・会派会議。
会派で知事に提出している『改革提言』について、意見交換させて頂きました。
 消費者団体連絡会の事務局も生協連が担っているとの事で、ブラックバイト対策や、消費者被害防止サポーターをやっている。「おせっかいが何より求められる」。
 里親募集の推進について、相談させて頂きました。
公園スタジアム課。県立公園の修繕計画3年~5年。
県内の都市公園 1人あたり10㎡、現状6.8㎡。
共産党県連関係者と意見交換。
自民党県議と意見交換。
記者会見。
他会派県議と意見交換。
県議と意見交換。

2015年12月13日の活動

  

聴覚障害のある方の社会参加を考える『情報アクセシビリティ・フォーラム2015』(秋葉原)に参加しました。
 参加して、ふと思ったのは、政府は『1億総活躍社会』を言っている訳ですから、法人税の減税とセットで、障害者雇用を促進すべきと思いますが、どうなっているのでしょうか。
 ろう者で元ハローワーク職員の方の報告で「イギリスの職場では、手話通訳者がいる所があり、電話・ミーティングも通訳。Access to Workという制度で、採用・昇格が増えている。他の人の仕事を妨げない効果も大きい」との事。講演後、個人的に伺うと、イギリスではこの制度が94年頃から始まり、5千人が利用しており、通訳者(サポートワーカー)は他の仕事をしながらではなく、専属との事。
 日本では来年4月から障害者雇用の合理的配慮が事業者に求められる。合理的配慮は、事業主が一方的に決める事ではない。アメリカでは、合理的配慮は企業による負担。
 全国中小企業団体中央会では、手話を音声に翻訳するシステムをクラウド上に構築する事業者などに補助金を交付。(以上、講演)

 講演が終わってから、狭山市の聴覚障害者の会の方々と、通訳をお願いしながら話させて頂き、感じるフロアにもお邪魔させて頂きました。
 障害者雇用は12年連続最高の伸び。26年比5.1%増。
 都内の聴覚障害者で昨年就職が決まったのが400人。

1213_10

反貧困の財政 埼玉集会(浦和)。
 ドイツは赤字国債を発行しないようになっている。

  【北朝鮮による拉致救出を求める署名活動】に参加。
 拉致被害者家族の方々と、上田知事、県職員8人、県議16人。傘もささず。
 色んな活動の中で、この活動をさせて頂くのが1番つらい。被害者家族はその何万倍もだと思うから、つらくなる。署名などの協力を求める語気も強くなり、言い方もストレートになる。自分の選挙活動とは比べ物にならないほど。
 寒いと思っていたら、上田知事が言った「拉致された人は、寒空の下にある」。そうだ。氷点下の気温だ。頑張ろう。そう思った。

1213_01

日本人の中で、あたたかな人は限られていると感じる。
 『絆』だ、『おもてなし』だは、政府が言っているだけだと、拉致の署名活動をやってみれば多くの人が思う。今日は雨で寒く、1時間以上立っていると手も体も冷たくなった。もし絆の心があるなら、被害者家族の気持ちになって署名に協力する、チラシをもらう、声をかけるはずだ。ここで反論が出る。署名が役に立つのかと。ではもし自分が家族だったら、何でもするのではないか。これは拉致に限らない。犯罪被害・事故・災害・消費者被害・ブラック企業・虐待・貧困・DV・戦争・テロ・・・種類的には多いがそのどれもを『ひとごと』にしていないか。『被害者側』になるのは明日かも知れない。社会は本来、被害者になった人を救済する為にある。どんなに便利な世の中になろうと。どんな都会だろうと。

1213_02

 

1213_03

 上の写真は、『拉致署名』活動中の1時間以上、私の顔の前10㎝の所にあった県議会拉致議連の旗。署名会場の手前で信号待ちをしている道路の反対側の通行者に向けて掲げ続けた。通行者に私の顔は全くと言っていいほど見えない(旗が薄いので通行人の動きは私からは見える。写真でも、うっすら横断歩道が見える)。
 マイクで話している声を、都会の人は雑音と思い、聴こうとする人は多くない。だから何をやっているか、近くに来る前から伝える為に、ずっと旗を高く掲げていた。TV局のカメラが向けらたが、旗だけ映してもらえれば充分だ。
 議員として何を変えたいかと聴かれれば、1言。「痛みを察し、動く社会にしたい」。

 

1213_04

 「そのバッジは何ですか?」「議員のバッジですよね?」時々そう言われ、その度に驚く。政府や行政、我々のPRは、こんなものだ。聞いて頂いて有り難い。だから私は、バッジの予備を1つカバンに入れており、定価500円でお分けしている。必要な方にはそれ以上、用意させて頂いている。
 痛みを共有し、動く為に。

(1時前に帰宅)

――――――――

【国民健康保険料が、増税される理不尽な理由】
 議員・公務員は、何の役割があって税金を給料として生活させてもらっているのか?この国では全く理論的でもなければ、他国の情勢も知ってか知らずか、世界でも最悪な事をやって低所得者を苦しめている。
 「あなたが病院を利用しているのだから」と言う“負担の公平論”を盾に、低所得者へ負担を負わせる『逆進性』を起こし、本来税金で補うべきなのに、逆に健康保険料を増税している。これでは生活が苦しい方々は、たまったものではない。社会科の勉強は、単なる自分の就職の為の知識でしかなかったのか?
 市民にとって役に立たないどころか、マイナスなら、いらない。

1213_05

 「政府への信頼が低い国では、借金(累積債務)が増大する。社会保障(健康保険・介護・年金などのセーフティーネット)を充実させて信頼を高めないと、累積債務は減らない」。日本は、まさに。
 このデータは、興味深い。

1213_06

 

 高額所得者が利子や、株式配当などによって得た収入の分離課税は、累進税率(収入が高ければ税も高い)でないので、1億円をピークに所得税の累進率が下がってしまっている。
 逆に所得の低い方の基礎控除(税金の免除)が低いので、引き上げを。

1213_07

 

1213_08

(写真)グラフの左のほうが中小企業の税金負担で、右が大企業。
 税金の負担率は、中小企業は30.07%なのに、大企業は17.2%。実際には大企業は10%程度。
 なぜ?何の為????

2015年12月12日の活動

  

事務所。
会派新聞作成。

2015年12月11日の活動

  

県議会。一般質問。
他会派県議と意見交換。
生徒指導課副課長。子供電話相談のチラシ内容について私から提案。
①相談項目に『家庭』が入っていないので、入れて頂きたい。
②『大切な命 あきらめないで』と書いてあるが、これでは自分の命と向き合ってしまうので、再考を。
建築安全課副課長。
①緊急輸送道路の沿道にある耐震化されていない建物。片側2車線の道路を優先して税を減免するというが、4車線道路は比較的土地の流動性が高いのではないか?また、さいたま市など県南部が結果的に多いのではないか?
②県内建築物の耐震化 空き家は入っていない。25年調査。
住宅課。特定公共賃貸住宅の改革について打ち合わせ。
県職員と意見交換。非公開。

 

1213_09

『公正な税制と所得誰もが安心して暮らせる社会保障を実現しよう』講演会(連合会館。御茶ノ水。以下、内容)
 奨学金利用者のうち2/3が、有利子。『大学生風俗嬢』という本があるが、日本の大学自体がブラック企業なんじゃないのか。奨学金で1千万円かかり、司法試験で通ればいいが「悪徳弁護士になるしかないのではないか」との声。
 介護職員は、男性が生活出来ないから『寿退社』。介護心中は、2006年以降、毎年50件。
 失業給付は77%の失業者が受けられていない。
 日本は、OECD諸国で一番、貧困対策が出来ておらず、中でも、単身世帯と共働き世帯の貧困が悪化している。

(0時に帰宅)

2015年12月10日の活動

  

県議会、一般質問。
(1時に帰宅)

2015年12月9日の活動

  

元市議と意見交換。ドイツに学ぶ環境政策。
県議会。一般質問。
会派会議。一般質問準備など。
環境部調整幹。
議運委員長と意見交換。
新聞記者と意見交換。

NHK視点・論点 「官民対話 企業に求められる先行投資」より

1209_04

1209_05

――――――――

 明日10日(木)3時から、同じ会派の木下博信県議(草加)が質問します。原稿を見せて頂き、内容の深さに驚きました。たとえば『先を見すえた特別養護老人ホーム整備』。「若い世代は、介護の仕事をすればいいと言うが、団塊の世代が居なくなった後、その仕事をしてる人はどうやって生活して行くのか」と書かれていた本を私の場合は昨日読んだばかりなのに、もう政策として、既に提案しようとしています。

(改革)ー平成27年12月定例会質疑質問者一覧ー埼玉県議会

国は、特別養護老人ホームをあと5年ほどで、新たに50万人分以上、整備すると言っていますが・・・
1209_01

全国の半分以上の県で、すでに介護人材が不足していて、老人ホームのベットが空いていると。
1209_02 (NHKスペシャル 介護危機「無届け介護ハウス急増」より)

 木下博信県議が質問する大きなもう1つは『県立高校の入試問題の変更』。
 この問題点について、このあと詳しくお伝えします。

県教育委員会が提示した『県立高校の入試問題』の変更。
 この変更の問題点は、「県立高校が147校もある中で、浦和高校、川越高校などわずか10~15校の難関校の為に、試験問題を2種類にした」「エリート意識が助長される」と言われても仕方ない状態である事です。
 私は県が発表した翌々日、考えを変えるよう申し入れを行い(添付文書)、何度も打ち合わせを行っています。その1つの結論が明日、木下博信県議による質問で出ます

1209_03

『県立高校入試改革』について、昨年の私の質問・県教育長の答弁です↓。

教育① 公立高校入試問題の改善を(勉強が苦手な生徒もやる気が出るように) 県議会議員「中川ひろし」オフィシャルサイト
 今回の県立入試問題の見直しの発想は、残念ながら、【各高校が選択する試験問題を『3択に』すべき】という、これ以上の“現実的な”理想が無いと思っていた中で、そのそもそも論で検討されて来たとは、思えません。
 報道でも、「多くの受験生に本来の力を発揮してもらうのが導入の狙い」とあります。
 1人でも多くの受験生に本来の力を、より発揮する形にすべきではないでしょうか?。
 “対案”なく、このままでは、精神論で語られるだけに終わるのが、目に見えています。精神論で変わるほど、甘くないのは、申すまでもありません。

――――――――

狭山市の智光山こども動物園は、県(公園緑地協会)が運営しています。

1209_06TV埼玉ニュースより

2015年12月8日の活動

  

県議会。一般質問。
会派会議。
住宅課。特定公共賃貸住宅を導入した26県のうち、11県が既にやめた。
 埼玉では平成6年から導入。
 県内の入居率7割弱。家賃改定を来年度実施。
 加須だけが単独であとは、県営住宅の中。
 26年度、維持管理1700万円。
温暖化対策課副課長。フードマイレージの考えをどう県民に伝えるか。地域循環圏。
他会派県議と意見交換。
教職員組合 副執行委員長・会派会議。
県立高校入試は、配点を学校ごとに変えていい事になっている。
新聞記者と意見交換。
(9時帰宅)

――――――――

 行政・政治関係者は、私も含めて、TV・新聞・ネットで報道されている市民の『貧困』をどれだけリアルに感じ、今やっている対策がどれほど足らず、的外れと気付けているのか。
 それが出来ていないから、結果として低投票率になっているのではないか。
 国民全員に税金でサービスは出来ない。しかし、困り果てたら、生きる術を行政・政治は差し伸べているのか。

 「アベノミクスはトリクルダウン(大企業・富裕層から零細企業・貧困層に富がしたたり落ちる)ではない」と、総理周辺は言っているそうなので、子供のころ社会科で習った『所得の再分配』を丁寧にやってもらいたいと思います。この精神を日本社会の各分野のリーダーが守っていれば、格差(貧困)は拡大しないはず。
 ↓このチラシを県内のNPOが送って下さったので、議会控室にも貼り、県議に配りました。

1208_01

2015年12月7日の活動

  

市議と意見交換。
埼玉県庁。
保健医療部調整幹。埼玉県立大学の進路決定率、他県比較。
県議と意見交換。
改革推進課副課長。県の外郭団体による随意契約を、指定管理にすべきと問題提起。
川越県土整備事務所河川担当。
事務所。
(10時半過ぎに帰宅)

――――――――

 
【サイクリング、ウオーキングを入間川でされてる方に相談】

1207_01
 本富士見橋(一方通行の橋)の下のサイクリングロード。先日、河川敷の草刈りをボランティアでされている団体の方から「自転車同士が正面衝突し、救急車騒ぎになった」と教えて頂き、私から県に「(写真)橋に付いている土を削らないと、草刈りをしても見えなくて、また事故が起きる」と申し入れをしたところ、県は「堤防だから土は削れないので、サイクリングロードを川のほうへ3m移動させる」と先ほど回答がありました。3m移動して、事故が防げるか。カーブのどちらからも下り坂で、注意看板を立てるだけでは問題解決にならないと思います。ご意見をお寄せ下さい。

1207_02

 

 8日朝も、入間川で草刈りをされているボランティア団体の方とお話しし、その後、県の担当職員と話しました。県からは「3m動かすというのは、今あるアスファルトには、ゼブラを書いて、通れないようにし、アスファルトを川側に広げる」というものでしたが、皆さんから頂いたコメントを活かして、私から言ったのは「3m幅が増えるなら、矢印を地面に書いて、上流からは左へ、逆からは右へと、レーンを分けてはどうか」と。
 変更する案が出来たら図面で見せてくれるようにも言いました。 
①県から「注意の看板を立てる」との案もありました。しかし日常、道路に看板を設置したからといって、どれほど守られているでしょうか?と思いました。
 電車での車内アナウンス(携帯の通話について)をはじめ、注意喚起が迷惑に感じ、また直接的な注意でなく間接的だから無用に注意表示が増えている要因もあると思います。
②「バンプ(ガタガタさせる)を付ける」との案もありました。自動車なら分かりますが、そこまで快適性を奪っていいのか?と思いました。
 上からの注意だけでは、動かない。幸せではない気がします。熟慮して対策を取る事で「気づかなかったけど、こうしたから事故が減ったんだ。へぇ♡」という、あったかい方法があるはずでは?と思っています。

2015年12月6日の活動

  

事務所。
さやま市民大学。
狭山の生活文化伝承講座、成果発表会(以下)。
 山林が無くては、農業は成り立たなかった。狭山台は山林で中に入ると真っ暗。子供だけでは入れなかった。下草を刈らないと、くずはきは出来ない。くずをかごの中に押し込めるのが、子供として楽しい。ここら辺は、米が取れなかったので、あわ餅が多かった。
 たい肥は、カビさま信仰。落ち葉に微生物がいる。化成肥料は養分だけ。
 下草を刈った所に花が咲くので、子供は花を取りに行かされた。花はお供えしたり、十五夜の時に飾ったり。
 狭山台北小が出来る前、あたりは石が多く作物が取れない所だった。男の子は裏の川で水浴びした。
 狭山ふるさと会は、今年2月設立。

さやま歴史クラブ講座。
 水野新田が出来て、来年で350年。
 堀兼という名に明治20年になったが、それまでは『堀金』だった。
 地名で、福・富・金と演技がいいのは、大変だった所。
 牛久保家(現在は牛窪)は、愛知県豊川市牛久保に由来。
 ウサギ・キツネの他、江戸時代、柏原にはオオカミもいた。
 江戸時代も現在と同じく、農地は年貢が安く、住宅地は高かった。
 朝鮮併合以降でしか、関東では牛は飼われていなかった。朝鮮牛が入って来た。

事務所。
入間川左岸をきれいにする会代表の方と意見交換。
支持者の方と意見交換。
入間基地航友会(群馬泊)。
基地司令など基地幹部・航友会長と意見交換。航空祭について。

2015年12月5日の活動

  

事務所。
市民相談。
さやま市民大学。
 学校支援ボランティアの方々にお話を伺う。

1205_01

1205_02

 

 さやま市民大学。まちづくり担い手養成講座、成果発表会(以下)。
狭山市の高齢化率、平成33年31.7%。
 狭山市は国・県の2倍以上のスピードで高齢化が進んでいる。
 健康寿命、1位は静岡県。お茶の効能だとHPに書かれている。
 脳卒中のリスクは、喫煙で高まる。静岡県では禁煙を企業に呼びかけ、表彰している。

1205_03

 

 『首都圏自治体で人口減少をどうとらえるか』講演、首都大学東京 山下祐介 准教授(以下)。

1206_01
 「『埼玉より東京の仕事のほうが上だ』と言う序列意識があり、地方に人は流れない。『都落ち』。無理にでも大都市に居続けようとする。地方に仕事はある。地方に無い仕事は『威信の高い』仕事。ミスマッチ。地方に仕事を作っても、その威信が高まらない限りダメ。皇居の周りにある物が1番上、その下に政令指定都市。脅しのような形で市町村合併が行われた。威張って、国の意向に沿おうとする。この威信は国が与えて来た。この仕組みを変えないと、どうしようも無い。若い人「地方に居ても、バカにされるだけ」就学・終業時の若者の移動を方向付ける。東京に本社を置くのは序列に従っている。マンションの1室に本社があったりする。
 2010年代に地方の限界集落から昭和1ケタが抜け始める。高齢者世代ほど威信の低い仕事をしている。行政がその仕事にセーフティー・ネットを張るが、引っかかりたくないから若い人は避ける。仕事づくりではなくて、それが無いと社会が成り立たない仕事の威信を上げる事。
 中央集権国家から、自立を伴う地方分権国家への移行を必ず進めなければならない。自立を強要し過ぎるのも、霞ヶ関の論理。東京が稼いでいるような意識になるが、首都圏も地方に依存している。産業も低次産業が豊かで初めて高次産業は発展可能。明らかに、失政。成長優先から持続優先へ。『財は人を呼ぶ』は間違い。 
 明治維新の頃は、東京がえらい訳では無かった。戦後の教育の現場の中でそれが生まれ、2000年以降新自由主義が実行され、非正規雇用も生まれ、序列は益々強まる
 価値は以外にコロッと変わる。20代前後あたりの教育が大事。就職する直前に学んだ事が非常に重要。農業へのあこがれは、小中学校のお陰。2000年代以降、ゆとり教育で地域教育が入って変わって来た。地元愛。
 東北は東京に吸われるが、西日本は違う。島根県民は広島に通う。埼玉は行き来をしているが。家族・地域の絆を、税金やNPOで全部やろうとするのは、難しい。
 政治家が論理を通す事。これまで選挙でこう言って来たから、今更変えられないではなく。行政と市民が負担し合う。

【『子育て支援』を私達は間違えていないだろうか】
 東京一極集中が『人口減少』を引き起こす。出生率が低い首都圏に、出生を控えた若い世代が集まり過ぎ。人間関係を弱め、行政・市場サービスへの依存が強まり、本来持っているはずの人間の自己再生能力を減退させる。
 経済力と子育て力は、相反する。結婚・出産や子育ては経済で行うものでなく、人間関係、家族や地域で行うもの。専業主婦は、子育て力を確保している。仕事が増えても、子供の数は増えない。
 経済・保育所の問題より、心理・社会的問題が大きい。「大学を出て、そんな仕事は出来ない」という敬遠。高学歴化が進み「地方・農村を知らない」。
 雇用を企業が嫌がるのが最大の問題。人を労働力として考え過ぎ。人間として扱う事をどう考えるのか。一面で考え過ぎ。戦国時代には、田舎に人を配置し、領土を守った。国民全体が1つの集落なら、どうするのか。首都圏への集中・国の権限の集中を止める事。都市と地方の社会のハイブリッドを。ふるさと回帰、地方移住、定住対策を。経済重視から、暮らし重視へ。スケールメリット・効率主義から、スモールメリットへ。国民の社会への主体的参加・共同形成の促進を
 本来、日本は共同体主義・他者志向。後進世代へ向けた自己犠牲(先達主義)。
 CCRCは、移住者主導ではなく、受け入れ側主導で進めなくては。中央政府は事業さえ成立すれば失敗しても構わない?
 『地方創生』は「全ての町は救えない」“経済重視”という発想に引きずり込むマインドコントロールが隠れている。中央資本による地方侵略が、国家政策を通じて貫徹して行く?地方創生が地方蔑視につながらない保障はない。『増田レポート』は民間有識者との形態を取っているが、恐らく霞が関のタスクフォースが出したもの。政策を進めやすい下地を作ろうとしたのは明らか。コンパクトシティ、市町村合併、選択と集中」。

1206_02

【学校統廃合の悪循環】

1206_03
 政府に先駆けて、地方がやってしまっている。「人数が多い学校で育てておかないと、最後は都市に行かなければならないから、捨てられるのでは」という親の不安。インフラの撤退が地域解消を余儀なくされる。そこら辺を議論しないで、人口の大きい地域だけが生き残る。大きい集団に入っていないと危ないという心理。不安の悪循環が、地方消滅をもたらす。
 財政問題より、心理的な要因に基づく。学校は教育問題であって、地域問題ではない。
 排除の論理から、依存が生まれ、上意下達になる。排除ではなく包摂・支え合い(インクルージョン)へ。
(以上。12月5日浦和にて。講師の山下先生と、武蔵浦和駅まで歩きながらお話を個人的に伺わせて頂き、帰りに先生の著書を本屋で2冊購入)

市民相談。介護。

2015年12月4日の活動

  

市民団体役員さんと意見交換。

県動物指導センター(熊谷)。
 殺処分した犬・猫は昨年度1939匹。新たな飼い主や愛護団体に譲渡されたのは1086匹。

埼玉県での犬・猫、殺処分数。0109_01猫1432・犬456匹(26年度)。
 人の自殺・交通事故の統計を見る時の視点と同じ。
「前年に比べて減った」のではない。「新たにこれだけ増えた」。

ここはペットショップ?と思うほどのかわいい犬・猫が捨てられている。0109_02

0109_03

0109_04

0109_05

0109_06

0109_07


犬達は、ずっとブルブルふるえていました。

 この子は、ちゃんと座れていないのも気になりました。
 誰か助けて。0109_08


捨てられた犬・猫を殺さぬよう、県として里親の取り組みの成果。
もっともっと必要です。
0109_09


1度は捨てられたけど、埼玉の人のお陰で、幸せになった子達①0109_10


1度は捨てられたけど、埼玉の人のお陰で、幸せになった子達②

 狭山市の方も。ありがとうございます。 0109_11


1度は捨てられたけど、埼玉の人のお陰で、幸せになった子達③

熊谷・行田・久喜市の方、ありがとうございます。
0109_12


1度は捨てられたけど、埼玉の人のお陰で、幸せになった子達④

 東松山・本庄・日高・深谷市、嵐山町、東秩父村の方、ありがとうございます。0109_13


1度は捨てられたけど、埼玉の人のお陰で、幸せになった子達⑤

拡大して、ご覧頂ければ、幸いです。0109_14

0109_15

0109_16


この子達は、育ててくれる人が決まったのですが、ふるえていました。

ごめんね。もうちょっと待っててね。0109_17


この中に生まれたばかりの猫達がいて、箱がコトコト動いています。

 私は、何も出来ず、ただ箱の前で、泣くことしか出来ませんでした。
ごめんね。0109_18

1204_03

 負傷猫と書かれているのは、生まれたばかりの猫が多い。
 処分を担当している職員にも話を聞きました。
 赤ちゃんの猫は、引き取り手が個人では無く、愛護団体の方が引き取る事があるとの事。
 猫が1度に産む数は1~8匹ほどで、最も多いのは3~5匹と言われています。

県庁。
保健医療部調整幹。埼玉県立大学の取り組みの他県比較。科学研究助成金、自主財源比率について。
県議と打ち合わせ。県立高校入試改革についての一般質問。

 


2015さよなら原発埼玉県民集会

1204_01

 落合恵子さん(作家/クレヨンハウス代表)講演 『いのちの感受性・・・さようなら原発、さようなら戦争の時代へ』(以下)
 「福島で声をかけられた『私はここで最後まで生きて行きます。子供達の事を考えると、無念でくやしくてしょうがありません。しかし、原発事故が無ければパリのテロを遠い国の不幸ととらえていたが、空爆されているシリアの人々の無念さも、私のすぐそばにある』。
 福島から、沖縄から、帰る時、つらくなる。大きな電力を使って、福島を追い詰めた東京に帰る。
 事故が起きる前、知っていたけど許していた自分。
 福島第1原発と言わず、東京電力福島第1原発と呼んで頂きたい。
 原発は再稼働していくでしょう。みくびられたもんだと思います。しかし、私達はあきらめない。原発だけでなく、体質そのものに、NOという声を。
 私が生きて来た落とし前を付けさせてもらう。これから生まれて来る子供達の為に。
 あかしを残す為ではない。自分の為に。
 最近Yesと言わないといけないと思う。こんなに頑張ってくれている。素晴らしい番組だと。広告でなりたっている新聞・番組。経団連の面々をいやらしく思い出して下さい。私達は笑っちゃうほど何も持っていない。権力を持ちたい。私はそれまで否定して来たが。
 『デモして何になるの?自己満足じゃないの?』と言われたら、やりたいから、自分にうなずきたいからやる。やめたら誰が一番笑うのか、思い出したくない顔を思い出す。ハチ鳥の1しずく。そうしたいからそうする。
 母は結婚しないで私を設けた。母は私に『自分である事に誇りを持てるような、生まれ方、育ち方をして欲しい。世の中には、差別される側の人がいる。精神的に障害があったり。あなたも戸籍に父親がいない。社会に一生懸命に生きている、される側にいる人と、1つ1つのテーマでつながり、扉を開けてくれたら、お母さんだけはあなたに五重〇を付ける』。
 人権なんて知らなくても、互いが学び合う尊さ。
 『失望するには、いい人が多過ぎる。希望を持つには、悪い奴が多過ぎる』。でも、私達は、希望を橋渡しできる。
 アメリカは、振り子が生きている。日本は振り子が触れると、危険になる。
 『2人の子供を国にあげ、残った家族は、泣き暮らし』。
 東京電力福島第1原発で今働いている作業員がいる事に、私達は心を止めなければならない。
 埼玉・加須に取材でも行きました。双葉町の人『埼玉の人々1人1人に、ありがとうと伝えたい』。
 市民の事を考えない永田町。私は票を入れていない。でも入れている人の心にどう呼びかけるか。
 震災時、暴動が起きなかった事を海外から賛美され、被災者に『我慢強い』とこれ以上言うのは危険だと私は思った。
 歌『空より高く』。涙をふいて歌ってごらん。君の心よ、高くあれ、空より高くあれ。
 人は海より深い心を持っている。どんな海より深い心を。だからもうヤダなんて、背を向けてないで。見つめてごらん。信じてごらん。君の心よ、深く、深くなれ。海より深く。
 だから、ダメだと言ってあきらめないで、涙をふいて歌ってごらん。君の心よ。広く広くあれ、空より広く。君の心よ強く強くなれ。海より強く、強くなれ♪
 私の髪型。怒りの髪と書いて怒髪。『人生は名詞じゃなくて動詞』。どうぞご一緒に活動を」。

1204_02

 

1204_04

 
県生協連会長さんと意見交換。
県教職員組合副執行委員長と意見交換。高校入試。
(11時に帰宅)

2015年12月3日の活動

  

県庁。
教育局調整幹。
会派会議。
議案調査会。
青少年課長。ガールズバーの規制について。
道路政策課副課長。圏央道・首都高料金改定。
障害者福祉推進課。MRI、1基購入費1億2800万円。「設置する際『値札』の表示を」と私から提案。
警察本部保安課長。風俗環境保全協議会でのスカウト規制。ネットカフェ規制。
知事特別秘書。企画財政部調整幹。
税務課。不動産取得税の軽減を、さいたま新都心、川口で行うという。
高校教育指導課長。指導主事。県立高校入試改革について。
狭山に戻り、入間基地青年同友会。

 

入間基地司令講演
 「リーダーの目指すところ。人にはバカにされていろ。
 “鉛筆型”の人間育成。1本芯が通り、周りに気を使う。
 リーダー像を役者として演じろ。時には燃え盛る火の玉に。
 『リーダーではなく、フォロアーになりたかった』マッカーサー

1203_01

 平和への想い。戦争を起こさせない為には、世界の『貧困』を無くして行く事。戦わなくて済むように精強化するという究極の逆を行く先頭集団が自衛隊。
 二度と戦争は起こさせないと『ひめゆりの塔』で誓った。
 いのちのリレー。先の大戦で生き残った人達のお陰で今がある」。

日本最大の航空自衛隊基地、入間基地の司令が言う『夫婦円満の秘訣』
 「僕は君と結婚出来て、ほぼ人生の運を使い果たしてしまった。だから、少し悪い事があっても、仕方ないと思うんだ」を真顔で。

狭山・坂戸市民と意見交換。
(10時に帰宅)

2015年12月2日の活動

  

県議会。
下水道局副課長。
住宅課副課長。財政が厳しいのに、低所得ではない人に税金で住宅を安く提供する制度を見直す考えが無いと言う。
環境部調整幹。水環境課 土壌・地盤環境担当。
秩父湧水(わきみず)紀行」秩父のどこで湧水があるか地図を掲載
県民から県議会への請願。安保法の件について賛同者になる。
年金者組合県本部書記長。請願。
 当初頂いた文案では、賛成出来ず、かと言って、せっかく県民の団体から意見を頂いているのだから、活かしたいと思い、相談。
 1項目目だけを切り離した請願にして頂ければ、私どもの会派では議案に賛成すると共に、請願の賛同者にも名を連ねたいとお願いしたところ、検討の結果、そのように提出したいとの事!
 「おぉ❢」と思いました。国政でいう野党連携が実現ですね。
(終電で帰宅)

2015年12月1日の活動

  

支援者会合。
事務所。
県西部地域振興センター所長。
県庁。
改革推進課。会派の改革提言について意見交換。
県議と打ち合わせ。一般質問。
(終電で帰宅)

2015年11月30日の活動

  

市民相談。
狭山警察署生活安全課長。
市議と意見交換。

2020オリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会 設立総会
 上田知事「ラグビー関係者には恐縮ですが、2020年の1年前に、ラグビーW杯が『プレ・オリンピック』のように行われるので、一緒にやって行きましょうという事になりました。
 埼玉のスポーツ少年団の団員数は全国トップ。国体の成績は全国2位」。
 ●W杯、9月20日~11月2日、熊谷をはじめ全国12会場、20チーム。
  女子日本代表選手12人のうち7人が熊谷のチームに所属している。
 ●五輪、7月24日~8月9日、全28競技、県内4、
  バスケ(スーパーアリーナ)サッカー(埼スタ)ゴルフ(川越・霞ヶ関カンツリー)射撃(朝霞 陸上自衛隊訓練場)。
  パラリンピック、8月25日~9月6日。全22競技、県内1、射撃―朝霞 陸自訓練場。

 
【埼玉ゆかりのオリンピック・ラグビーW杯選手】1130_01

 ●ラグビーW杯代表 ホラニ龍コリニアシ選手「試合前、小バカにされたような感じだったが、試合後、写真を求められた。
  高校時代、風邪を引いて、最後の試合に出られなかった思い出がある。トレーニングし、高校時代に比べて、30kg体重が増えた」。

1130_02
 ●ロンドン五輪、レスリング金メダル 小原選手
  「決勝が心配で、負けてしまうんじゃないかと思ったが、最後まであきらめず、金メダル。
  目をぶつけたのは、試合中じゃなくて、ロンドンに行ってからの練習。
  オリンピックに向け、うがいを欠かさず、始まっても五輪だと思わないように練習した。
  スポーツは結果が必ず出るが、今、経過が大事」。

1130_03
 ●アテネ・パラリンピック アーチェリー銅メダル(来年パラ出場内定)
  平沢選手「準決勝で負けてしまったが、おみやげを持って帰りたかった。
  生まれた時から障害があり、運動は嫌いで絵描きになりたかったが、たまたまアーチュリーを始めてとても好きになった」

1130_04埼玉ゆかりのメダリスト

 
深谷市長に聞く。ラグビー、“ふっかちゃん”について。
本庄市長に聞く。キャンプ地誘致。
県庁。
総務部調整幹。
県土整備部調整幹。
 首都高・圏央道の料金改定案について。首都高の埼玉分は県道扱い。
 今回の料金改定で、首都高と圏央道の料金計算式が統一。都心を通過する平均距離36km。東日本道路公団の車種料金区分を今回使用。
統計課。
都市整備部調整幹。公園スタジアム課。
(終電で帰宅)